<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

放送禁止6

1年8ヶ月も空いてしまったんですね、放送禁止6。
今回の副題は「デスリミット」
いったい、誰に対する、誰のための「デスリミット」なのでしょうか。。。


以下、猛烈なネタばれのため、読みたくない人は反転禁止です。

今回は、事前のあらすじで、かなりネタばれに近いと思います。
「有名ジャーナリスト」なんて、それ自体がおかしな触れ込みです。

例によって名前を逆に読んだり縦にしたり倍角読みすれば、
かなり「真実」に近づけるらしいですね。
数年前に起こったいじめ事件の真相と、今回のDV事件のリンク。
結局は、あるジャーナリストの私欲が招いた、自業自得とさえ言える物語でした。

キーワードはこの辺だと思われます。
・いじめ事件の真相。
・いじめの被害者と加害者の関係、名前。
・ジャーナリストを監視する仮面の女。
・ジャーナリストが夫婦監視中に、妻にかけた電話の意味。
・夫が引きずる足の左右。
・サイトの名前、管理者の名前。
・夫婦の名前。

解せないのは、夫婦(実際は夫婦ではないかもしれないが)と、サイトの関係です。
「シエロ」という名前から言って、江古田を恨んでいるのはシエロ運営者(江口)だと思われるのですが、
その割には、サイトに復讐内容を挙げているような節がある。
もしかしたら、シエロは件の事件から、そういうジャーナリストを根こそぎ血祭りにしているのかもしれませんが。。。
または、このサイト自体は、この復習劇のために作られたのかも。
何で殺害の映像が残ってるんだ、っていうのは、もはやこのシリーズでは愚問でしょうかね^^;

フィクションという観点からは、
今回出演の夫婦役のお二人は、「芝居の芝居」ということになります。
映画化もするようですし、その辺も描かれればスッキリしそうです。
r-waver * media * 23:26 * comments(0) * trackbacks(0)

Nice boat.

昨日はtvkがなかなかの映像を深夜に流したそうで。

「school days」というPCエロゲを原作としたアニメの、
「女子高生による暴力シーン」とやらが問題となって、
結果、
「Nice boat.」があっという間に流行語大賞候補になりました。

仮に、例の3エンディングを踏襲すれば、
「女子高生による暴力シーン」というのは間違っていて、
正確に言えば、
「女子高生による○○シーン」
「女子高生による自○シーン」
「女子高生による○人シーン」
が正しい表現になりそうな気がします。

Nice boat.の流れから言えば、
「○○の結末」っぽい感じだけど、
ま、結局どうなったかは、DVD待ちでしょうね。

それでも、
一番の狂気エンディングは、
「二人の恋人」でしょうなぁ。
r-waver * media * 23:57 * comments(2) * trackbacks(0)

エマ

アニメ版エマの第2幕が終了。
19世紀のイギリス恋物語はハッピーエンドということで。

原作番外編登場のエレノア新恋人アーノルドによって、
誰も不幸にならずにすみました。

比較して思ったのは、
森さんがある意味確信的に描かなかった、
エマがウィリアムと共に社交界に出た後の世界を見せたことについて。
キャンベル家との関係や、
時代的にはありえないメイドとの結婚に対する世間の奇異の目との戦いを、
本編では描かないことを選択した原作と、
ある程度の時間がたち(ほぼ10年後と思われる)、
子供にも恵まれ繁栄を続けているジョーンズ家を出したアニメの差は、
そのまま、
メディアの差なのかなーと、
ボーっと思ってみました。

結婚したってところで終わりでも良かったんじゃないかなーと。


どうしてもグラナダホームズが重なってしょうがないのは、
森さんがファンなのだから当然なのでしょう。
r-waver * media * 21:15 * comments(0) * trackbacks(0)

「プロフェッショナル 仕事の流儀」 浦沢直樹氏の回

「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、
浦沢直樹氏の回を見て思ったことは。
「ああ、やっぱりMASTERキートン触れられなかったかぁー」
って事で。

パイナップルARMYも出てこなかったし。

まぁ、
簡単に言えば、
原作者がいる作品にふれなかったってことで。

大友克洋氏が生み出した80年代以降のリアリティと、
「マンガ」的な物事の融合とか、
あらゆる2項軸をどちらも抱え込もうとする思想。

ケンヂとともだち、
天馬とヨハン、
柔と松田、
アトムと天馬。

結局その辺のマンガ史における浦沢氏の立ち位置や影響は触れられるわけもなく。

そういう趣旨じゃないからいいんだろうけどねぇ。。。。。

キートンもパイナップルARMYも触れないのかぁ。。。。

触れないのかぁ。。。。。
r-waver * media * 23:27 * comments(0) * trackbacks(0)

東京朝日毎日日経読売産経

今更「日ユ同祖論」とか持ち上げられても、
新しくもありませんよ。
夢を見るのは結構ですけど、
真偽はともかく、
こんな古びた話で喜ぶと思うのがねぇ。。。。

シオン議定書でも、
竹内文書でも、
東日流外三郡誌でも持ち上げてみればいいじゃん、
って感じます。

なんてんだろう、
うかつに信じちゃう人が居るんですよ。
テレビや新聞の「真実」が、
本当に嘘をつかないって思っちゃうひとが。

「アポロは月に行かなかった」とか、
「義経は大陸に渡ってチンギス・ハーンになった」とか、
「沖縄のサンゴにSOSの文字が書かれた」とか、
そういうのが本当か嘘かの判断に、
バイアスがかかってしょうがない。

ん〜、
授業さえ嘘をついていることが暴露されている昨今、
証拠の証拠は何なのか、
ソースは何なのかってのが、
その情報自体よりも時に重要で。

少なくとも、
何かしらの思想に染まったニュースに中立性はありません。
r-waver * media * 22:17 * comments(0) * trackbacks(0)

10月の結果。

2、3週前にシカゴマンゴを聞きながら寝ようとしていたときに(ANNは録音)、
アンタのお二人が「裏に0.1%差に迫った!」と喜んでいたのを聞いたんですけど。
今日ふとその数字が0.5%だと知って、
「ああ、こりゃすごいな」と思った次第です。

ナイターオフの季節は1週間なので、
都合たった1回で2ヶ月の集大成を求められることになっております。
10月の調査はそれほど重きを置かれないと言われているとはいえ、
かつては1%越えをざらに記録していた99さんのANNが0.6まで落ちており、
アンタのお二人が0.5まで迫っているというのは、
勢いうなぎ昇っちゃってる感じですねぇ。

やはりここは年越し特番やらざるを得ないでしょうな。。。。99さん。

ほかを見渡してみると、
月曜火曜深夜は民放ではJUNKがぶっちぎっており、
土曜日夜はQRとLFが均衡しているわけです。
ここ数年はアニラジっていうくくり自体がナンセンスになりつつあるんでしょうけど、
「もうちょっとコンテンツがないのか、QRは」っていう突っ込みもしたくなっちゃたり。

平日夜はXラジと深夜便が同率首位というのもトピックス。
宮川氏はいまやTBSラジオの顔の一人だし、
なんだかんだ言って面白いし。
思想とか好みは好きじゃない部分も多いですけどね。
順当、順当。

土曜昼間の、
みの氏vs小倉氏vs久米氏はどうでもいいです。
久米氏がトップだったんですけど、
どうでもいいです。

まぁまとめますと、
RFは*ばっかりだということで。
r-waver * media * 00:58 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ