<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 環境問題のウソって、ナニ? | main | 邂逅 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「正しさ」という多面体の中で。

 前回のupdateに関して、最後の部分で気を悪くされた方がいたら、謝ります。
 問題まで出しておいて、最後に全部ひっくり返しているわけですし。申し訳ないです。
 あの文章に関しては、私は信じるに値するものだと思います。最後に書いた出典に書かれている(武田教授が言われている)内容に沿って書いています。

 では、なぜあのようなことを書いたかですが。
 環境問題は、私が本当の意味で言いたいことではなかったからです。
 確かにこの問題で、マスメディアが取り上げている角度とは違う角度であり、それが一定の信頼性が置ける情報である、ということで、提示したい内容では在りました。
 ですが、私が言いたかったことは、本当はそこではありません。


 環境問題が大きくクローズアップされています。
 地球温暖化やバイオガソリン、少し前なら環境ホルモンからダイオキシン。あらゆる場面において、錦の御旗のように環境が打ち振るわれています。環境保護のために多くの税金が使われ、3Rが推進される一方で、有無を言わさず割り箸を使ってはいけないとか、ペットボトルはキャップとビニールを完璧に切り離してリサイクル業者に回収されるべきだと考える余地も与えず訴える人もいます。
 森林は育つ過程でCO2を取り込み、朽ちることで微生物に分解されて戻すこと。つまり、育ちきって朽ちる運命の木を、若い木に養分を与えるために、伐る選択もありえるということ。
 バイオガソリンは、それを作るために通常のガソリンよりもCO2を出すこと。また、バイオガソリンの原料であるトウモロコシやサトウキビが儲かるために、今まで食料を作付していた農家が転作して、食費が高騰している人々がいること。

 (広義な意味における)科学が正しいのは、それが合理的だからです。
 例えば、ニュートンは重力を定義し物理学を飛躍的に発展させましたが、20世紀になってニュートン物理学では説明できなくなると、アインシュタインがE=mc2という美しい式を導き出しました。統計学的に正しい方法で取られたアンケート結果が、母集団の意見分布と大きく違わないのも、それが合理的な方法にのっとっているからです。

 その一方で、合理的な科学は、しばしば宗教や信仰、倫理と対立します。
 ダーウィンが唱えたといわれる進化論よりも、1万年前に神が人間を創造したと信じるアメリカ人は相当数(調査によって数値は異なる)いるという調査結果。科学的な証明などされた試しがないUFOを崇めて、60年代の日本を席巻したCBA。遺伝子操作された食品は食べられなくても、品種改良や人工交配による食べ物は食べたり。
 信念は時に、合理性と相反する答えを導き出すものです。

 実は、「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」を読む前に、「データは嘘をつく」という本を読んでいました。
 この本は、帰納と演繹の差や、偶然と因果律、データ分析を実際になぞってみることを通して、目の前に提示された事象が正しいのか間違ってるのかを考える目を養おうという提起を行います。無論、朝日・毎日・日経・読売・産経や、NHK・TBSの偏向にもスポットを当てており、同じ事象を比較して分析する必要性も説いています。

 「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」を読んだとき、私は必ずしもここに書いてあることが全てではない、と考えました。確かに書いていることは「目からウロコ」で、今の環境守護絶対的な風潮に対する強烈なアンチテーゼ(正確には環境保護を否定してはいないが)だとは感じましたが、これを分別も無く撒き散らすと、冷静さを欠いた議論に陥る危険性があると思ったのです。
 「信頼にたるデータかどうか」という関門を潜り抜けた後も、です。


 私が言いたいのは、ここです。
 真実が正しいとは限りません。でも、真実は、多くの人にとってより正しい答えとして認識される可能性が高いです。
 そして、その真実には、自分が自分の目で確かめたもの以外は、母数を増やすか、科学や社会倫理に照らし合わせて近づくしかありません。
 しかも、トラウマを振り回すのと一緒で、たどり着いた真実を振り回す先は、正しい方向の必要があります。すれ違う「正しさ」は、戦争にまで繋がるのです。

 というわけで、どこまでが正しいことなのか、投げっぱなしにしたのが前回の更新です。
 「合理的」は必ずしも「正しい」ではないと、私は言いたかったのです。

 以上、誰に言われたわけでもないのに、自己弁護に終始してみました。 
r-waver * その他 * 00:14 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:14 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

バイオガソリンについて

バイオガソリン(バイオガソリンETBE)とは、とうもろこし、さとうきび、草木などの植物から生成されるバイオエタノールと石油系のガスであるイソブテンを合成したバイオETBEという物資を従来のレギュラーガソリンに配合したもの
From バイオガソリン @ 2007/06/12 10:48 PM
このページの先頭へ